EasyAuth と Node.js (おまけ)

前回の続きではないですが。すべては最初にApp Service on Linuxを捨てたことから分岐して全部の地雷ルートを回収してシュタインズ・ゲートに辿りつけたので自分用メモ。

  • EasyAuthでToken Storeを使うとHTTP Requestヘッダが8kb超える(場合がある)
    • HTTPリクエストヘッダにトークなどの情報が全部入るので。
    • Web.configでnode起動する際に–max-http-header-sizeを指定しよう
    • <httpPlatform processPath=”node” arguments=”–max-http-header-size=16384 server.js”/>
  • –max-http-header-size 引数はnode v10.14じゃ使えない
    • 今のPortalでWindowsなWeb Appsを使おうとすると普通に選ぶと10.14.xになる → 未サポートで終わり
    • LTSかv12(Preview)はLinuxだけ
    • ここみてサポートしてるバージョンを 選んでAppSettingsでWEBSITE_NODE_DEFAULT_VERSION = 12.13.0 とかしよう
  • Nuxtが延々と/_loading/json を呼んで起動しない
  • NuxtでserverMiddleware使うとnuxt buildしても含まれない
    • 明示的にserverMiddlewareなjsをコピーする
  • Web AppsでAzure AD B2Cのサインインページなどを提供する際はCORSで https://buchib2c.b2clogin.com を許可する
  • authorization.json を使う場合はWeb AppsのAuthentication/Authorizationの認証されていないときのアクションはAllow Anonymous requests (no action)を選択する
  • authorization.json内で認証が必要なURLなど明示的に記述する

いろんな要因が同時にあって対応に時間がかかってしまった… やだやだ。しばやんに感謝しないと(

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中