Azure Resource Managerのハンズオン

セミナーの詳細よくわかってなかったのですが、ARMの基本的な体験ができるハンズオンが公開されました。

ハンズオンでは最終的にSQL Databaseを使った複数台で負荷分散する仮想マシン上のWebアプリケーションをテンプレートを使ってデプロイという感じです。
ざっくり図にするとこういう感じです。
image

演習で使うテンプレートなどはこちらにおいてます。

まぁ練習用なのですごくシンプルです。最低限のことしかしてません。
演習ではデプロイの方法を学ぶというか触れてもらう意味合いのほうが強いので、テンプレートをゼロから起こしたりといった内容ではありません。あしからず。。

ARMテンプレートのTipsについて

  • Azure リソース マネージャー テンプレートを設計するためのベスト プラクティス
  • テンプレートに利用できる式や関数
  • テンプレート全般
  • テンプレートリンク
    • templateLinkのほかにもパラメーターや変数もリンクできます。活用しましょう。
    • 公式(?)のQuick Templateなどは多用してますね。まぁストレージとか大きなリソース単位で分けておけば再利用しやすいです。
  • copyとcopyindex()
    • 一部リソースプロパティ(ロードバランサーのinboundNatRulesとか)は使えません
    • inboundNatRulesで使えないということは各インスタンスに直接接続するためのRDPの口を用意するのが難しいということです。この場合だと明示的にVM0用、VM1用とべた書きすればもちろんOKですけどありえないですよね。(インスタンス数固定ならまぁ。。。)※まぁそもそもそういうことしないほうがいいよねというのはある
    • ハンズオンではLBしてもいいからとりあえずRDPの口はあけてます。他のインスタンスは多段してね☆
  • apiVersion
    • Scheme
    • 結構はまるポイントです。注意しましょう。
  • タグ
    • タグは活用しましょう。別で書こうと思いますがポリシーとかにも使えるし。
    • あとConcatとか活用しだすとVisual Studioでいじってるときとか結構ひどい見た目になるので、キーがdisplayNameでタグ付けして表示名をつけてあげるといいかと思います。
  • PowerShell DSCの話はざっくりしかしてません(Windowsの場合)
    • 認証情報の渡し方はprotectedStringsとPrivateSettingsRefあたり活用すればいいかと
    • DSC側のConfigrationもだいぶ無茶してる感あります。。本番で使うにはもうちょっときれいにしたほうがいいでしょう。Scriptとか、、、ひどいコードですみません。そのまま使えないことはないですがきれいじゃないなぁ
    • システム全体のオーケストレーションは別途考えてみてください。
    • 今見直したらアプリケーション固めたZipのURLとか決めうちしちゃってるので、ARM Templateから渡すようにしたりとかしておけばよかったですね。
  • リソース固有情報(resourceGroup().idとか)はうまく活用してください。
  • Azureポータル上でもリソースエクスプローラーはあるのですが(参照からどうぞ)、外部のサイトのほうができること多いです。どういうプロパティ・値を指定したらいいのか不明な時は手動でデプロイしてからリソースエクスプローラーでごにょごにょ参照するといいかと思います。
  • AzureResourceVisualizerとか意外と便利かもですね。node.jsでローカルで動かせますよ

あとは何だろう、CloudFormationのTipsなども参考にするといいかもしれませんね。ただまぁJSONをべたべた書くのはなかなか苦行なのでVisual Studio使うのがいいかと思います。。。

Windows Server 2012 Community Dayで喋りました

Windows Server 2012 Community Dayというイベントでスピーカーとして喋らせて頂きました。

タイトル:

Windows Server 2012 R2 Hyper-V と Windows Azure 勘所

概要:

“クラウド OS” としてさらに進化した Windows Server 2012 R2。
このセッションでは、パブリック クラウドの Windows Azure + Windows Server 2012 R2 の概要と、Azure 上でのバーチャル マシンを使いこなすにあたっての勘所を紹介していきます

参加頂いたみなさん、ありがとうございました。

1点補足。Site to Site VPNでL2TP、と書いてますけどL2TP/IPSecですね。慣れてないところはやっぱり漏れがあるなぁ。。。 @guitarrapc_tech さんありがとうございました。

Windows Serverがメインの視点とはいえ、相変わらず1時間でゼロから概要やら勘所というかどこに向かってるのかよくわからないDeep Dive的な話をする無茶な構成となってます。

仮想マシンでWindows Server使う分には基本そんな変わらなくて、Azure固有(ハード周りやらネットワーク周りやら)のところを抑える、というところは言いかえれば各自の環境にそってどう構成・運用するかというだけで今までと何にも変わらないです。細かい話言い出すときりがないですが。

でもまぁプラットフォームというかサービスというか、世界というか選択肢が広がっただけなので適材適所、うまく使いましょう。

ということで、言いたかったことは柔軟な発想であなたの実現したいことはなんですか?使えるものはうまく使いましょう、ということだけなんですが。あとは全部後付な駄肉です。とか言ってるとセッションにならないのでガンバッテ仮想マシン使う際の入り口になればいいなーという内容にしたつもりです。

反応が怖いデスネ。。。

※一番心配してたのは咳だったんですが、なんとか咳こまずに持ちこたえることができて(たぶん。。。)ほっとしました。前日までひどかったので。

Windows Developer Days のセッション資料公開

というわけで Windows Developer Days のセッション動画やスライドが公開されました。

見逃したあのセッションやあのセッションを動画とスライドで見れるなんて幸せですね!

ちなみにヤマハの剣持さんとおいらのセッションはスライドのみとなっております。

お察しください!!!(

TechFieldersの集い 2012 初夏で喋りました

名だたるSystem Centerの著名人の皆様に紛れ込んでなぜか若輩者のおいらがSystem Centerについてしゃべってきました。

Windows Azureを一応メインで触ってる身ですが、なんでSystem Center?という感じでSystem Center使うとこんなことが!的なのをお話しました。

とはいえ伝えたかったのはWindows Azure含めSystem Centerなりの製品使って自動化・簡略化できることろは任せちゃってITサービスをよりよくするために注力しましょうよということなんですが。

なんにせよITProな方のノウハウって表に出にくいし大事なので、うまく活用頂きたいですね。

Go Azure

6月29日~6月30日の2日間、ベルサール汐留 でMicrosoftとJAZUGの共催イベント、Go Azureが開催されます。

image

内容は最新のWindows Azureに関する情報てんこ盛り!

Day 1
パブリック クラウド活用の成功事例や Windows Azure のもたらす新しい可能性など、最新情報をお伝えします。

Day 2
Japan Windows Azure User Group (JAZ) が中心となって、Windows Azure 関連の技術セッションやハンズオン セミナーのほか、エキスパートへの質問コーナー、さらにネットワーキング パーティなどを予定しています。

日付を見ても分かる通り、「MEET Windows Azure」の後、、、ということは、言わなくてもわかるな?(

ぜひ予定を空けて今後の情報をお待ちください!

Cloud meet up in YOKOTE

6月15日~6月17日、秋田県横手市で開催される「ITエースをねらえプロジェクト – Cloud meet up in YOKOTE」で講師します。

ITエースをねらえプロジェクト

ITエースをねらえプロジェクト では、Cloud Meet upをテーマに、6月15日から17日までの3日間、クラウドサービスを利用した5つのセッションをお送りします。クラウドサービスって何?という方から、クラウドを利用したサービスを開始したい方まで、すべての方に楽しんでいただけるワークショップとセミナーです!

担当は「クラウドサービスデベロップメントミーティング」ということで開発よりの話になるかと思います。

ちなみにJAZUGからは @harutama と一緒に2人で参加します。他の講師陣もパクえ先生始め、えらく豪華なので最寄りの方はぜひご参加ください!

秋田でMeet up!

Community Open Day 2012

6月9日に全国で行われるCommunity Open Day 2012の大阪会場でしゃべります。

 

コミュニティに所属している方はもちろん、未だコミュニティに所属していない方々にコミュニティの活動内容(勉強会)を披露し、興味があればそのコミュニティに参加してもらう機会を構築するオンライン/オフラインイベントです。
6月9日に全国のコミュニティと合同で、勉強会を行い会場に参加できる方は会場に参加、会場が遠地のため参加できない場合は「USTREAM」で参加するといったイベントです。
イベント自体はコミュニティ主体ですが、後援としてマイクロソフト社が付いているため、午前中はWindows 8を題材にしたキーノートや、DeveloperやITPro、などをターゲットにしたジェネラルセッションを実施します。
午後は各コミュニティから現場視点での話や先進的な技術の紹介などの勉強会を実施します。

6月8日に何かあるみたいなので、そのあたり含めて最新情報も盛り込めるかも? ちなみに @k1hash と一緒になので大阪で会われてない方もぜひぜひ遊びに来てください!