冴えないCustom Policyの育て方

最近認証毎の課金から月間アクティブユーザー課金になってだいぶお得になった感のあるAzure Active Directory B2Cですが、実際の利用時にはまだまだお手軽ではありません。(欲しい属性を基本のものから追加したりUIのカスタマイズ程度ならいいのですが)
お手軽ではない要因の1つというかこれが全てですが、基本的に(実際のケースで望まれるフローを満たすような)カスタマイズを行う場合はIdentity Experience Framework(IEF)を使ってカスタムポリシーを作成する必要があり、この作業が非常にわかり辛いというところです。

幸いなことに先日Azure AD B2Cのカスタムポリシーを弄るHackFestに参加する機会があり、今更ですがものすごく理解が進んだので少しでも共有するのが今回のPostになります。(やはり実践に勝るものはない) 続きを読む