Azure Virtual Machines の計画メンテナンス

年明けにAzure VMsの計画メンテナンスが予定されている旨のメールがきました。

計画メンテナンス期間は 2018 年 1 月 10 日 午前 9:00 日本標準時 [2018 年 1 月 10 日 午前 0:00 協定世界時] からを予定しており、期間中に対象の仮想マシンの再起動が 1 回実施されます。再起動を実施している間は仮想マシンの利用はできなくなります。

image

このメンテナンスではVirtual Machinesの再起動が予定されていますので注意が必要です。(大丈夫な構成にしてればそもそもあんまり気にしなくてもいいと思いますけど)

さて、今回から再起動されるタイミングをコントロールできるようになりました。メンテナンス対象のVMの場合、ポータル上のブレードに案内が表示されます。

image
image
再起動タイミングをコントロールしたい場合、スケジュールされた期間の前の段階(今回だと1月9日までの間)にメンテナンスを開始するボタンですぐに再起動を行います。
image
再起動後はメンテナンス済みのホストに移ってメンテナンス完了という感じですね。
この表示ではない場合(下図とか)はユーザー側でコントロールできないようです。スケジュールにしたがってどこかでメンテナンスされるようですね。
imageimage

なお一覧で見るともっとわかりやすいです。
image

その他詳細についてはこちらのBlogなどを参照ください。

Azure Virtual Machines v2

v2というタイトルを付けましたが要はAzure Resource Manager(ARM)で管理できるようになったVirtual Machineの話です。

詳細はまぁこちらを参照ください。

続きを読む

Azure Backupの拡張

今日のUpdateでAzure Backupが仮想マシンレベルで利用できるようになりました。

今まではBackup Agentを使用してデータのバックアップなどは行えましたが、ベアメタルというかスナップショット的な使い方は結構面倒くさい感じでした。
今日のアップデートではAzure Backupの機能としてAzureのファブリックレベル(インフラ側)でBackupできるようになり、ノンストップで仮想マシンのイメージを取得することができます。またWindowsだけでなくLinuxでも取得できます。(なおPublic Preview機能です)

  • 一貫性のあるバックアップ
    • 本番ワークロードに影響を与えないバックアップ
    • VMのダウンタイムなしでのバックアップ
    • Windowsでのアプリケーションレベルでの整合性
    • LinuxでのOSのファイルシステムレベルの一貫性
  • ファブリックレベルのバックアップ
    • バックアップに必要な環境のスケーラビリティ
    • 複数VMを同時に、エージェントレスでバックアップ
    • ポータルからの集中管理
    • ジョブの追跡・状況の確認
    • 最後のリカバリポイントからの増分バックアップ
  • ポリシー主導
    • スケジュール
    • オンデマンド
    • Backup Vault内でリカバリポイントの自動管理
    • 元VMが削除されてもバックアップデータを保持

簡単にいうと、Hyper-Vでいうところのチェックポイント(スナップショット)をAzureのポータルから行えます。
ファイルレベルで取得するBackup Agent方式と違って、ファブリックレベルなのでOS側にAgentを入れたりせず行えることとバックアップに要する時間が早く、予測できる点が大きいですね。

※但しAgentは不要だけどVM Extensionsは必要(自動でインストールされる)なようす

続きを読む

Azure 仮想マシンのOSドライブ容量制限が8倍に

今まで仮想マシンのOSドライブは最大127GBまででしたが、緩和されて8倍の1023GBまでOKになりました。
もちろんWindows/Linuxどちらも。

OSドライブの容量が少ない!と思ってた方には朗報ですね。データディスクアタッチできますが管理の手間ふえるのでなかなか良いかと思います。またオンプレのマシンからの移行ハードルも少し下がりましたね。

またパフォーマンスについてはPremium Storage+DSシリーズ使うなど併せて考えればいいんじゃないでしょうか。

Azure 仮想マシン上のAD DSでディレクトリサービス復元モードする

タイトルの通り。やり方をひょんなことで知ったのでやってみました。

※ というか知識がWindows Server 2003で止まってるからナー。。

昔の知識だとブート時にF8押して~とかなんですが、いやいやbcdeditで既定のブートかえればいいじゃんという話でした。あとWindows Server 2008からかどうか知らないんですが、ディレクトリサービス復元モードでもRDP使えるみたいですね。

続きを読む

VM-Generation IDがどうのこうの

なんとなくAzure上の仮想マシンでVM-Generation IDがちゃんと動いてるのか見てみようと思いました。

結論↓

untitled2

ちゃんとイケてるようです。

このあたりを参考にしました。

これでサポートしてるActive Directory Domain Service (Windows Server 2012以降)とかなら安心して(?)Windows Azure上で動かせますね。

細かい話はMSの安納さんに教えて頂いたほうがよいかと思います。

追記

Azure上の仮想マシンを削除(ディスクは保持)→ 同じディスクを使用して仮想マシンを再作成するとVM-Generation IDが新しくなるので、ドメインコントローラーとしては他のDCから安全に最新情報に更新できるので安全、という感じのようです。

まぁうまく使ってください。