Azure AD B2C でSendGridを使う

Azure AD B2C標準のユーザーフローやIEFのカスタムポリシーだと、電子メールアドレスの検証時などMicrosoftのfromアドレスからメールが送信されてしまいます。本文などもAzure AD B2Cの標準のものですね。
今までこの部分のカスタマイズはだいぶ面倒だったのですが(自前でAPI用意したり)、ちょっと前のアップデートでだいぶ簡単になりました。ただしまだPreview機能。

続きを読む