Azure Storage の汎用v2

唐突ですけどAzure Storageのアカウント種類に汎用v2が増えました。
汎用v2(General Purpose v2、以下GPv2)は簡単に言えば今までの汎用ストレージ(General Purpose、以下GPv1)のBlobにHot/Cool/Archiveのアクセス層(Access Tier)とストレージイベントなどを追加したものになります。
価格帯や特性を考えるとBlob StorageにPage BlobとTable/Queue/Filesを付けたもの、という表現のほうが合ってるかも。

詳しいことはこちらを参照ください。

続きを読む

Azure Storageの古いバージョンのAPIが削除されます

2008年に導入されたAzureストレージはその後いろいろな改良や機能追加があり、現在7つのバージョンのREST APIが提供されています。今回のアナウンスはその中の古いいくつかのバージョンの削除に関しての情報です。

詳細は上記リンクを見てもらうとして、ざっくり意訳というか適当に日本語にしてみました。ちゃんと知りたい人は原文みましょう。(自己責任で)

続きを読む

sdb2aztbl

唐突ですが、GitHubに sdb2aztbl なるものを公開しました。一応会社名義です。

簡単にいうとAmazon SimpleDBのデータをWindows Azure Tableにデータ移行するためのコマンドラインツールです。node.jsで作ってるので基本的にクロスプラットフォームですよ。あ、ライセンスはApache v2.0です。

ツールをより良くしたり、ダメダメな英語を添削したりなPull Requestお待ちしておりますw (英語は結構切実。。。)

もちろんDonateもいつでも歓迎ですよ!

という感じで、必要そうなものや便利そうなものは公開していけたらいいですね。

ExcelとFiddler使ってTable Storageを視覚化しよう

スバラシイエントリがあったので紹介します。

Windows AzureのTable Storageは便利ですが、視覚化するのはちょっと不便ですね。Visual StudioとかAzure Storage Explorerとか使えば見れますが、普通のオフィスワーカーにはつらいところです。

やっぱりそこはExcelだよね!というところですが、普通にExcel(+PowerPivot)だとTableにアクセスする際の認証を超えることができません。なので、今回のアプローチとしてはFiddlerで認証を中継してExcel PowerPivotでのアクセス時に認証をパスしよう!という感じです。

続きを読む