Translator Text API v3

Microsoft Translator APIですがCognitive Services配下になったりいろいろありましたが現在Translator Text APIはv3が提供されています。

また古いv2 APIを使っている人はメールが来ていると思いますけど4末で終了となりますので注意が必要です。

v3への移行はエンドポイントの変更だけでなくAPIそのものも結構変わっているところがあって注意が必要です。特に要求・応答がXMLからJSONになったりしてるので。。認証周りも注意しましょう。

細かい点はv3のAPIリファレンスみてください。

あと気付いたのは繁体字と簡体字のカルチャー(BCP 47 言語タグ)がv2とv3で変わったっぽいので注意する感じでしょうか。(v3ではzh-Hantやzh-Hansを使う)

※/languagesでサポートされる言語一覧など得られるけどイラっと来るJSON…

という感じで注意しましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中