Microsoft Build 2020 Keynote的な何か

今年もMicrosoft Buildの時期がやってきました。

今回のLive配信は米国の手話も出せるらしい。。オンラインで手話付きはLive配信は個人的に初めて見ました。
imageimage

まぁそんなわけでいつも通りにつまんでいきます。

最初はソーシャルディスタンシングしてるDona氏とSeth氏のBuildのご案内から。今から48時間、ぶっ通しでいろんなセッションが始まるわけですな。。
ice_screenshot_20200520-000049ice_screenshot_20200520-000056ice_screenshot_20200520-000115

Microsoft Learn TV (Preview)で在宅で勉強とか。

image

Twitterのハッシュタグ、#MSBuild でも参加しましょう的な。

ice_screenshot_20200520-001201

という感じで48時間楽しみましょう。(ひぃ)
余談ですがスピーカーにフィードバック返せるっぽい?
image

Empowering every developer

引き続いてSatya氏による「Empowering every developer」です。
オープニングはアイキャッチ動画のメイキングから。
ice_screenshot_20200520-002047ice_screenshot_20200520-002107ice_screenshot_20200520-002117

というわけでSatya氏です。こんなご時世なんで。この2か月ぐらいで2年分ぐらいデジタルトランスフォーメーションが進んだのでは。この第1四半期だけみても開発者のGitHubにおけるアクティビティの伸びがすごいですね。
Power Platformの伸び率も。Virtual AssistantもGAですね。Fortune 500企業の95%はAzure使ってるとかなんとか。
ice_screenshot_20200520-002123ice_screenshot_20200520-002434ice_screenshot_20200520-002503ice_screenshot_20200520-002509ice_screenshot_20200520-002520ice_screenshot_20200520-002539ice_screenshot_20200520-002638ice_screenshot_20200520-002652ice_screenshot_20200520-002714ice_screenshot_20200520-002732ice_screenshot_20200520-002735ice_screenshot_20200520-002740ice_screenshot_20200520-002746ice_screenshot_20200520-002813ice_screenshot_20200520-002825

AzureはCluodからEdge全部でInfra、Data Platform、AIを信頼されたセキュリティの上で提供みたいな。
Dataと密接にリンクできるようにSynapse Linkが増えたり関連するサービスもいろいろアップデートされてます。Hybrid関連でAzure Arc、ML関連(Cognitiveとか)などなど。
Microsoft 365もデイリーアクティブユーザーが7500万ユーザーいるらしい。Teamsの拡充も勢いがありますね。埋め込みでいろんなアプリやサービスと連携したりとか。
ice_screenshot_20200520-002847ice_screenshot_20200520-003036ice_screenshot_20200520-003059ice_screenshot_20200520-003108ice_screenshot_20200520-003112ice_screenshot_20200520-003120ice_screenshot_20200520-003134ice_screenshot_20200520-003156ice_screenshot_20200520-003204

いつもは登壇して対談するところですがオンラインですね。https://foldingathome.org/start-folding/ のGreg氏と。COVID-19の解析やAzureの活用などなど。
ice_screenshot_20200520-003425ice_screenshot_20200520-003508ice_screenshot_20200520-003553ice_screenshot_20200520-003719ice_screenshot_20200520-003727
次はオンラインで演奏したり、新しいパフォーマンスな話かな。
ice_screenshot_20200520-003931ice_screenshot_20200520-004000ice_screenshot_20200520-004006ice_screenshot_20200520-004057ice_screenshot_20200520-004247

という感じでSatya氏によるちょっとした振り返りと開発者にエンパワーする話(今回のBuildの統括みたいな感じ)でしたね。

Imagine Cup

Imagine Cupもオンラインとなりました。司会はいつものCorey氏。さすがに真剣みのある雰囲気なCoreyですが。
ice_screenshot_20200520-005104ice_screenshot_20200520-004356ice_screenshot_20200520-004446ice_screenshot_20200520-004503ice_screenshot_20200520-004510
ざっくりファイナリストの紹介。今年は日本チームもファイナリストに。
ice_screenshot_20200520-004549ice_screenshot_20200520-004551ice_screenshot_20200520-004552ice_screenshot_20200520-004555ice_screenshot_20200520-004557ice_screenshot_20200520-004558ice_screenshot_20200520-004620ice_screenshot_20200520-004629ice_screenshot_20200520-004638ice_screenshot_20200520-004643ice_screenshot_20200520-004648ice_screenshot_20200520-004701ice_screenshot_20200520-004722
こちらは審査員のみなさんと審査基準とか。
ice_screenshot_20200520-004914ice_screenshot_20200520-004916ice_screenshot_20200520-005002ice_screenshot_20200520-005048

ということで2020年はTeam HolloがWinnerでした!
ice_screenshot_20200520-010429ice_screenshot_20200520-010528

Every developer is welcome, with Scott Hanselman and guests

次はHanselmanとゆかいな仲間たちです。WFHをエンジョイしてそうですね。Skype着信音を自分で発音しながらゲストスピーカーにバトンタッチするHanselman。見切れてる赤シャツとか小ネタが多いな。
ice_screenshot_20200520-010719ice_screenshot_20200520-010811ice_screenshot_20200520-010841ice_screenshot_20200520-010855ice_screenshot_20200520-010938ice_screenshot_20200520-011139
最初はあたらしいPackage Managerかな。と思ったけどWIndows TerminalとかTeamsの話してる。マウスカーソルでイチャイチャする二人(?)。WSL2でExplorerからアクセスしやすくもなりましたね。Teams内のBotからアプリにそのままアクセス(埋め込みか)とかとか。
ice_screenshot_20200520-011316ice_screenshot_20200520-011452ice_screenshot_20200520-011542ice_screenshot_20200520-011736ice_screenshot_20200520-011918ice_screenshot_20200520-011940

という感じでおさらい。Windows Terminal、WSL2、Windows Package Manager(Preview)。
ice_screenshot_20200520-012114ice_screenshot_20200520-012137ice_screenshot_20200520-012228
二人ともお外へ。インターネットミームをたくさん取り入れるHanselman氏。
ice_screenshot_20200520-012348ice_screenshot_20200520-012807ice_screenshot_20200520-013057ice_screenshot_20200520-013155ice_screenshot_20200520-013408
GitHub CodespacesとかVisual Studio Codespacesの話ですね。
ice_screenshot_20200520-013616ice_screenshot_20200520-013813ice_screenshot_20200520-013927ice_screenshot_20200520-013945ice_screenshot_20200520-014000ice_screenshot_20200520-014202ice_screenshot_20200520-014215ice_screenshot_20200520-014345
次はVisual Studio 2019の話。今日16.6がでたのと16.7 Preview 1がでました。あとLive Shareでボイスチャットがサポートされたり。Surface Duo(2画面のやつ)の開発したりしてる。あとWSL2でGPUサポートとかの話かな。CUDAもいけます(Tensorfowしてた)
ice_screenshot_20200520-014615ice_screenshot_20200520-014647ice_screenshot_20200520-014752ice_screenshot_20200520-014856ice_screenshot_20200520-015100ice_screenshot_20200520-015228ice_screenshot_20200520-015254ice_screenshot_20200520-015523ice_screenshot_20200520-015543
パナイ氏も参戦。あと突然のSurface Book 3のビデオが流れてHanselmanのセッションは終了です。
ice_screenshot_20200520-015955

赤シャツまでちょっと小休止。いろいろ彷彿させるスタイルだ。
ice_screenshot_20200520-020752

Azure: Invent with Purpose, with Scott Guthrie and guests

さて3つ目?は赤シャツことScott Gu氏。主にAzureの話ですね。リージョンも色々増えて61リージョンに(アナウンス含む)。
Azureを使ってるTeamsの伸びもすごいね。リージョンが逼迫するわけですわ(
ice_screenshot_20200520-021612ice_screenshot_20200520-021623ice_screenshot_20200520-021712ice_screenshot_20200520-021736ice_screenshot_20200520-021749ice_screenshot_20200520-021819
ice_screenshot_20200520-021839ice_screenshot_20200520-021935ice_screenshot_20200520-021949ice_screenshot_20200520-022028ice_screenshot_20200520-022045
最初はDeveloping関連。素早くクラウドにアプリをデプロイ、というところでGitHubとの連携、それから新しいAzure Static Web Appsの話。GitHubを指定してStatic Web Appsを作るとGitHub Actionsを使ってCI/CDなども構成されるようですね。という感じでサクッとプロダクションにデプロイできました。
ice_screenshot_20200520-022058ice_screenshot_20200520-022105ice_screenshot_20200520-022127ice_screenshot_20200520-022135ice_screenshot_20200520-022257ice_screenshot_20200520-022323ice_screenshot_20200520-022352ice_screenshot_20200520-022442ice_screenshot_20200520-022534ice_screenshot_20200520-022546ice_screenshot_20200520-022601
Visual Studio Codeを使ってStatic Web Appsを開発。APIはAzure Functionsで提供。Static Web Appsの拡張機能入れておくとAzure Functionsと連携する(API連携する)デバッグもやりやすそう?一緒にデプロイもかな。編集したらGitHubのPull Request拡張使ってPR。車のメンテしてたDonovanへw
ice_screenshot_20200520-022608ice_screenshot_20200520-022608ice_screenshot_20200520-022718ice_screenshot_20200520-022839ice_screenshot_20200520-022859ice_screenshot_20200520-022948ice_screenshot_20200520-023022
PRのレビューもGitHub Codespacesを使ってブラウザで確認・実行。
ice_screenshot_20200520-023112ice_screenshot_20200520-023131ice_screenshot_20200520-023155
というわけでAzure Static Web Appsがアナウンスです。
ice_screenshot_20200520-023217

次はServerlessとかAI/Data周り。若干AKSがここに来るのはなんともなんですが。さておきAKSはWIndows ServerコンテナーやPrivatre Link、Spot VMサポートなどなど。
ice_screenshot_20200520-023332ice_screenshot_20200520-023345ice_screenshot_20200520-023411
Data関連。まずはおさらい。Cosmos DBはFree Tierがきたり。AutoScaleもきましたね。
ice_screenshot_20200520-023501ice_screenshot_20200520-023528
Cognitive関連。PersonalizerやSpeech Voiceの新しいスタイル、コンテナサポートの拡充などなど。そしてPower PlatformやMicrosoft 365・Dynamics 365もMicrosoft Cloudですね。
ice_screenshot_20200520-023604ice_screenshot_20200520-023637ice_screenshot_20200520-023727ice_screenshot_20200520-023809ice_screenshot_20200520-023826ice_screenshot_20200520-023902
Visual Studioでサービス側開発したりHttpのREPLしたり。GitHub ActionsでコンテナビルドしてAKSに発行したりとか。アプリとしてPower Appsを使って裏側のAIなサービスとも連携も簡単に。Teamsへの発行も1クリックですね。
ice_screenshot_20200520-024026ice_screenshot_20200520-024054ice_screenshot_20200520-024123ice_screenshot_20200520-024230ice_screenshot_20200520-024324ice_screenshot_20200520-024418ice_screenshot_20200520-024508ice_screenshot_20200520-024518ice_screenshot_20200520-024528ice_screenshot_20200520-024538

事例はStarbucks。Julia氏もスタバ色に寄せてますね?
ice_screenshot_20200520-024609ice_screenshot_20200520-024632ice_screenshot_20200520-024634

3つ目はML関連。最初はAzure Synapse。分析基盤すな。新しい機能としてAzure Synapse Linkがきました。ETLなしでリアルタイムにデータの分析を、データベースにパフォーマンスインパクト与えずに、という感じ。Cosmos DBとPower BIともつないで分析と可視化も。
ice_screenshot_20200520-024828ice_screenshot_20200520-024840ice_screenshot_20200520-024857ice_screenshot_20200520-024906ice_screenshot_20200520-024933ice_screenshot_20200520-024954ice_screenshot_20200520-025008ice_screenshot_20200520-025054
デモはCosmos DBとつなぐ感じ。メニューからSynapse Workspace選ぶだけでLinkできます。あとはSQLなげたりSparkジョブ実行したりできるようす。Power BIと連携も。
ice_screenshot_20200520-025131ice_screenshot_20200520-025210ice_screenshot_20200520-025229ice_screenshot_20200520-025302ice_screenshot_20200520-025336ice_screenshot_20200520-025407ice_screenshot_20200520-025426ice_screenshot_20200520-025459ice_screenshot_20200520-025518ice_screenshot_20200520-025601ice_screenshot_20200520-025643
MLと連携して予測結果をだしたり。AutoML関連もだいぶ進化しましたね。
ice_screenshot_20200520-025710ice_screenshot_20200520-025736ice_screenshot_20200520-025756ice_screenshot_20200520-025825ice_screenshot_20200520-025847ice_screenshot_20200520-025910

毎度のことですがResponsible ML。理解とプライバシーや機密の保護、それからコントロール。Azure MLでこのあたりのResponsible MLができます。
ice_screenshot_20200520-025948ice_screenshot_20200520-025959

という感じでだいたいKeynoteは終わりですかね。
最後颯爽と退場する赤シャツ。
ice_screenshot_20200520-030126ice_screenshot_20200520-030132

Buildはまだ45時間ほど続くわけですが、全体的なメッセージはこんな感じでしょうか。COVID-19でいつものやり方はできない中、トラブルもなく良いキーノートだったと思います。ほんとにガラッと変革しましたね。インフラも追従できるようにとアップデートされたのが今回な感じです。
セッションはMicrosoft 365など引き続きいろいろありますがこのPostはいったんここで終わりとします。

Microsoft Build 2020 Keynote的な何か」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Microsoft Build 2020 - メモログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中