Microsoft Ignite 2020 Day 2 – Are we there yet? App Development in Azure

Microsoft Ignite 2020 Day 2、1つ目のKey SegmentはScott Hanselmanの「Are we there yet? App Development in Azure」です。女性プログラマー達なTシャツで登場なScott。

ice_screenshot_20200924-003100ice_screenshot_20200924-003101ice_screenshot_20200924-003107ice_screenshot_20200924-003117ice_screenshot_20200924-003157

最初は.NETから。.NET 5 RC1がでましたね。昨日からちょくちょく出てるAzure関連のざっくり図。今日はDeveloper向けの話なので右下のToolsメインで。
ice_screenshot_20200924-003234ice_screenshot_20200924-003352ice_screenshot_20200924-003426ice_screenshot_20200924-003457

Code書くのはVisual Studioで(StackOverflow調べで1位)、コラボレーションはGitHub、MS Teams、Ship周りはAzureへ。最近いろいろあったGitHub CodespacesもBetaですね。
Azure関連のGitHub Actionsもいろいろでました。Azure Policy as Code、ARM IaCやコンテナースキャニング、AKSの追跡性アップなどなど。
demoではVisual Studioとの連携周りなどなど。Visual Studioからプロジェクト発行選んでGitHub Actionsを構成できるぐらいには統合できてます。
Using GitHub Actions in Visual Studio is as easy as right-click and Publish
ice_screenshot_20200924-003517ice_screenshot_20200924-003539ice_screenshot_20200924-003552ice_screenshot_20200924-003604ice_screenshot_20200924-003615ice_screenshot_20200924-003707ice_screenshot_20200924-003749ice_screenshot_20200924-003831ice_screenshot_20200924-004205ice_screenshot_20200924-004212ice_screenshot_20200924-004224ice_screenshot_20200924-004508ice_screenshot_20200924-004523

昨日もいろいろ発表されてたAzureのサービス周り。Azure App ServiceやLogic AppsのUpdateについて。枠がSurface Duoでサブリミナルだ。
Cosmos DBのServerlessアップデートも。Azure AI絡みも魅力的なUpdateが多かったですね。
ice_screenshot_20200924-004720ice_screenshot_20200924-004743ice_screenshot_20200924-004804ice_screenshot_20200924-004838ice_screenshot_20200924-004907ice_screenshot_20200924-004942

ハンセルマンのRPi(IoT)工作例。ゴミ箱にRPiとセンサーつけていっぱいになったらアラートが飛ぶよ。他にもIoTな事例とか。体温/ソーシャルディスタンシング、とかとか。
ice_screenshot_20200924-005045ice_screenshot_20200924-005049ice_screenshot_20200924-005110ice_screenshot_20200924-005119ice_screenshot_20200924-005129ice_screenshot_20200924-005242ice_screenshot_20200924-005307ice_screenshot_20200924-005414ice_screenshot_20200924-005452ice_screenshot_20200924-005500ice_screenshot_20200924-005503ice_screenshot_20200924-005523ice_screenshot_20200924-005529ice_screenshot_20200924-005618ice_screenshot_20200924-005630

おもむろにAzure Stack Edgeを出してくるHanselman。GPUもFPGAもあるよ。プライバシーに配慮したりオンプレで高速に処理したりするのに適してる。さっきの事例のアーキテクチャも載ってますね。Stack Edge GPU付きで空間分析(Spatial Analytics)やったりして結果を送信、という感じ。
ice_screenshot_20200924-005705ice_screenshot_20200924-005721ice_screenshot_20200924-005834
次はIoT Edge Gateway。E-inkや各種センサーデバイスなどなどをつなげたり。
ice_screenshot_20200924-005918ice_screenshot_20200924-005945ice_screenshot_20200924-005949ice_screenshot_20200924-010001ice_screenshot_20200924-010103ice_screenshot_20200924-010114

この写真を見てStack Edgeと指摘するうだ先生。。
ice_screenshot_20200924-010210

という感じでScott Hanselmanのセッションは終わりです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中