Microsoft Build 2019 Day 1 Vision Keynote

今年もBuildの季節がやってきました。Day 1はVision Keynoteですね。
ice_screenshot_20190507-005018

動画などはこちらから。

Vision Keynoteの前にImagine Cup決勝戦もやってたので30分前からいろいろすごかったです。(気になる人は動画をチェック)
ice_screenshot_20190507-003055

というわけで本編です。
ice_screenshot_20190507-005018
最初はCEOのSatya氏から。OpportunityやResponsibilityなどのお話に続きプライバシーやサイバーセキュリティー、Responsible AI(AIの責任)などこれまでのMicrosoftのミッションやメッセージのおさらい。
ice_screenshot_20190507-005051ice_screenshot_20190507-005222ice_screenshot_20190507-005242ice_screenshot_20190507-005305ice_screenshot_20190507-005309ice_screenshot_20190507-005329ice_screenshot_20190507-005356
それらのミッションを支えるPlatformや機会としてAzure、Microsoft 365、Microsoft Dynamics 365やGamingなど。Azureリージョンも南アフリカにもきたし54リージョンに。Javaも1stサポートだしOSS周りサポートやHybridなども。
ice_screenshot_20190507-005537ice_screenshot_20190507-005646ice_screenshot_20190507-005739ice_screenshot_20190507-005805ice_screenshot_20190507-005853
今回アナウンスされるアップデートはこんな感じ?多様な業種でデジタルトランスフォーメーションされてるのに使われてたり。J.P. Morganの事例は先行アナウンスでも出てましたね。
ice_screenshot_20190507-005942ice_screenshot_20190507-010004ice_screenshot_20190507-010049ice_screenshot_20190507-010125ice_screenshot_20190507-010141ice_screenshot_20190507-010200ice_screenshot_20190507-010222
デモはスターバックス。機械学習つかったDeep Brewというシステムを開発。レコメンドなどなど。
ice_screenshot_20190507-010311ice_screenshot_20190507-010421ice_screenshot_20190507-010507ice_screenshot_20190507-010611ice_screenshot_20190507-010647ice_screenshot_20190507-010657ice_screenshot_20190507-010911ice_screenshot_20190507-010930

次はAzure AI。先行アナウンスでFPGAがGAしたりONNXランタイムのアップデートなどがありました。それからCognitive Servicesも新しいAPIが増えたり。Decisionで強化学習もきたのかな?
ice_screenshot_20190507-011033ice_screenshot_20190507-011219ice_screenshot_20190507-011326

デモはSpeechなAPIから新しいConversation Transcriptionで会話のテキスト起こし。専門用語も結構認識してる。
ice_screenshot_20190507-011401ice_screenshot_20190507-011437ice_screenshot_20190507-011536

次はBot Framework関連、Mixed Reality。HoloLens 2やAzureの関連サービス(Spatial Anchorとか)も以前にアナウンスされたのを使った事例とか。Autonomous System(自律システム)な事例も。
ice_screenshot_20190507-011801ice_screenshot_20190507-012022ice_screenshot_20190507-012203

次のプラットフォームの話はDynamics 365やPower Platform。Power Platformを使ってCommon Data Modelや自身のデータをDynamics 365や3rdパーティーなアプリから利用したりできるように。Open Data Initiativeの話も。SAPのデータをこねくり回してDynamics 365からみたりPower BIで見たりしてました。
ice_screenshot_20190507-012405ice_screenshot_20190507-012501ice_screenshot_20190507-012611ice_screenshot_20190507-012616ice_screenshot_20190507-012659ice_screenshot_20190507-012737ice_screenshot_20190507-012744ice_screenshot_20190507-012803ice_screenshot_20190507-012828ice_screenshot_20190507-012953ice_screenshot_20190507-013001

次はMicrosoft 365。アプリやデバイス、データ(Graph)、人をつなげて管理。Windows、Office、Edge、Teamsを横断的にMicrosoft Graphで。
ice_screenshot_20190507-013047ice_screenshot_20190507-013100ice_screenshot_20190507-013137ice_screenshot_20190507-013211
Microsoft 365関連のUpdateはこんな感じ。(一部隠れて残念) Graphの入口としてはMicrosoft SearchやMyAnalytics、Cortanaなど。Cortana SkillsとBot Framework連携など、今までCortanaかなり前面に出ていたのが手段の1つという感じで当たり前になった感じかな。マルチターン、マルチドメイン、マルチエージェント対応などが必要。ビデオではかなり複雑な対話を理解して処理してました。
ice_screenshot_20190507-013253ice_screenshot_20190507-013309ice_screenshot_20190507-013405ice_screenshot_20190507-013447ice_screenshot_20190507-013617ice_screenshot_20190507-013811ice_screenshot_20190507-014003
Office関連というかアプリ関連でInkの認識の話(先日アナウンスありましたね)やEdgeの話題も。Chromium版の話ですね。Open Source、Cross-platform。プライバシーやセキュリティも大事だしリアルタイムなコミュニケーションなど今後のイノベーションについても。
ice_screenshot_20190507-014131ice_screenshot_20190507-014244ice_screenshot_20190507-014252ice_screenshot_20190507-014348ice_screenshot_20190507-014411image

EdgeのデモはDivya氏。(今回、デモはエキスポ会場的なところでそれぞれやってますね…)
最近使ったファイルみたりIEモード、、、
ice_screenshot_20190507-014521ice_screenshot_20190507-014537ice_screenshot_20190507-014612ice_screenshot_20190507-014635ice_screenshot_20190507-014712
プライバシー・セキュリティ周りは3つのモードからざっくり選べるように。
ice_screenshot_20190507-014804
コレクション機能でコンテンツを簡単にまとめて管理。まとめたコレクションはExcelに吐き出したりとか。
ice_screenshot_20190507-015016ice_screenshot_20190507-015016ice_screenshot_20190507-015018ice_screenshot_20190507-015055

次はMike氏から共同編集機能 on Edgeなデモ。タイピング、描画などリアルタイムにコラボレーションできます。Teams上やメールにWordの表を貼り付けると中身がリアルタイムに中身が反映されるとか。
ice_screenshot_20190507-015149ice_screenshot_20190507-015236ice_screenshot_20190507-015330ice_screenshot_20190507-015301ice_screenshot_20190507-015419ice_screenshot_20190507-015517ice_screenshot_20190507-015538

というところでMicrosoft Teamsな話題に。
ice_screenshot_20190507-015626ice_screenshot_20190507-015635ice_screenshot_20190507-015707
デモはRaanah氏。最近のTeamsクライアントはだいぶ機能増えましたね。過去のOffice Lensのようなホワイトボードを認識して画像を補正してレイヤーとして重ねて表示とか。対応物理デバイスも増えて連携アプリも増えてます。
ice_screenshot_20190507-015815ice_screenshot_20190507-015820ice_screenshot_20190507-015845ice_screenshot_20190507-015853ice_screenshot_20190507-015947ice_screenshot_20190507-015955ice_screenshot_20190507-020031ice_screenshot_20190507-020049ice_screenshot_20190507-020058
そしてHoloLens連携。Teams上のSpatialタブ開くと3Dなルームが表示されてそこに参加(QRコード送ったりもOK)するとSpatial Anchorで共有されたルームで共同作業ができる。中にも入れる(?)し、ARCoreにも対応してるのでスマートフォンから参加して触ることもOK。
ice_screenshot_20190507-020135ice_screenshot_20190507-020202ice_screenshot_20190507-020236ice_screenshot_20190507-020251ice_screenshot_20190507-020302ice_screenshot_20190507-020313ice_screenshot_20190507-020316ice_screenshot_20190507-020327ice_screenshot_20190507-020422ice_screenshot_20190507-020451ice_screenshot_20190507-020502ice_screenshot_20190507-020536ice_screenshot_20190507-020617

という感じで今までの振り返り。最後はGamingですね。環境としてはConsole、Mobile、PC。Game StackとしてPlayFabも入ったしだいぶ増えましたね。
ice_screenshot_20190507-020724ice_screenshot_20190507-020832ice_screenshot_20190507-020901ice_screenshot_20190507-020913ice_screenshot_20190507-020938ice_screenshot_20190507-021010ice_screenshot_20190507-021115ice_screenshot_20190507-021210ice_screenshot_20190507-021222ice_screenshot_20190507-021239ice_screenshot_20190507-021242ice_screenshot_20190507-021350

最後のムービーは不幸にもスマートフォンを取り違えてMinecraftを見てしまった少女は…(で終わった)
という感じのMinecraftのARゲームの予告みたい?

Vision Keynoteはこんな感じでした。AI、MR、Teams、Gamingあたりが力の入れどころでしたね。Azureは支えるインフラとしてがんばってUpdateしてる感じ。

細かいリンクやUpdate情報はまた別投稿で。

Microsoft Build 2019 Day 1 Vision Keynote」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Microsoft Build 2019 in Seattle #1 – nishy software (ja)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中