Microsoft Ignite 2019 Day 2 App development for everyone with Hanselman and friends

Ignite 2日目です。2日目のKeynoteということで開発者向けの話かな?Scott Hanselman氏+フレンズによるセッションです。
ice_screenshot_20191105-230230

最初はdotnet ConfやWindows Terminalのムービーなど小ネタから。タコス好きなのかな。
ice_screenshot_20191105-230040ice_screenshot_20191105-230117ice_screenshot_20191105-230126
ice_screenshot_20191105-230304ice_screenshot_20191105-230312
まずは昨日のおさらい。Visual Studio Onlineの発表。Dev Spaces接続やFunctionsのPremiumやPowerShellサポート、App Service Managed Certificates、Spring CloudのPreviewなどなど。
ice_screenshot_20191105-230332ice_screenshot_20191105-230436ice_screenshot_20191105-230542ice_screenshot_20191105-230556
最初のフレンズはMike氏。タコス。
ice_screenshot_20191105-230656ice_screenshot_20191105-231014ice_screenshot_20191105-231020ice_screenshot_20191105-231025ice_screenshot_20191105-231045ice_screenshot_20191105-231145ice_screenshot_20191105-231206ice_screenshot_20191105-231240

開発はお好きな言語で。デモはクラウドなApp Scaleな感じで言語のマスコットを操作してじゃんけんするようなやつ?Kubernetes上で動作してます。それぞれのプレイヤーはそれぞれの言語でできててAPIとして提供されてる感じですね。
ice_screenshot_20191105-231321ice_screenshot_20191105-231342ice_screenshot_20191105-231424ice_screenshot_20191105-231524ice_screenshot_20191105-231531ice_screenshot_20191105-231552ice_screenshot_20191105-231603ice_screenshot_20191105-231634ice_screenshot_20191105-231804ice_screenshot_20191105-231833

次はツール周り。GitHub、Visua Studio、Visual Studio Code。Visual Studio CodeはWSL(WSL2かな?)経由で接続なども話がありましたね。WIndows Terminalの話も。WSLなUbuntuも。Explorerなどホストとのやりとりも容易です。Visual Studio CodeもUbuntu上に接続するのでファイルシステムなどもUbuntu(WSL)上にあります。PowerToysも紹介。ウィンドウ配置も楽々。ブラウザでローカルホストにつないだらWSL上で動作してるアプリに接続してVisual Studio CodeでデバッグもOK。htopで見てもちゃんとUbuntu上でVisual Studio Codeが動作してるのがわかります。
ice_screenshot_20191105-231906ice_screenshot_20191105-231909ice_screenshot_20191105-232011ice_screenshot_20191105-232206ice_screenshot_20191105-232340ice_screenshot_20191105-232423ice_screenshot_20191105-232437ice_screenshot_20191105-232504ice_screenshot_20191105-232520ice_screenshot_20191105-232545ice_screenshot_20191105-232611ice_screenshot_20191105-232615ice_screenshot_20191105-232644ice_screenshot_20191105-232656ice_screenshot_20191105-232714ice_screenshot_20191105-232734ice_screenshot_20191105-232839
次は.NET。どこでも.NET。さっきのデモのGame Manager部分かな。.NET Core 3.0でgRPC使うデモ。protoファイルから自動生成とか。ちょいちょいIntelliCodeの紹介を入れたり小ネタ入れてきますね。Visual StudioのShell部分もWindows Terminalかなこれ。KubernetesなのでAzure Dev Spacesにデプロイできたりkubectlでログをストリームしたり。
ice_screenshot_20191105-232939ice_screenshot_20191105-233217ice_screenshot_20191105-233238ice_screenshot_20191105-233330ice_screenshot_20191105-233347ice_screenshot_20191105-233417ice_screenshot_20191105-233522ice_screenshot_20191105-233626ice_screenshot_20191105-233727ice_screenshot_20191105-233822

ざっくりAzureとかの位置づけ。そろそろAzure関連サービスやらも200に行きそう。ちょっとバズワードぽいけどCloud Native Appsの話。ここではコンテナライズされたアプリについてDevOps的な話についてかな。GitHub Actions使ったりTerraform使ったりもOK。
ice_screenshot_20191105-233915ice_screenshot_20191105-234112ice_screenshot_20191105-234146
Visual Studio CodeでAzure Dev Spaces上のk8sで動作してるサービスに接続してデバッグするデモ。(Dev SpacesはまだPreviewですけど)
実際にインターネットに公開されてるエンドポイントのk8sのアプリをリモートデバッグ。次はGitHub上のPull RequestをマージしてGitHub Actionsを実行、デプロイ。デモではPrivateバージョンな環境にデプロイされるようにしてる感じですね。
ice_screenshot_20191105-234408ice_screenshot_20191105-234507ice_screenshot_20191105-234523ice_screenshot_20191105-234559ice_screenshot_20191105-234617ice_screenshot_20191105-234635ice_screenshot_20191105-234654ice_screenshot_20191105-234714ice_screenshot_20191105-234749ice_screenshot_20191105-234907ice_screenshot_20191105-234918ice_screenshot_20191105-235017ice_screenshot_20191105-235034

GitHubのフレンズも登場。コードのセキュリティについて。キーの埋め込みコミットしちゃうとずっと残ってしまう。node.jsでの例ですけどPull Requestに脆弱性が含まれてるパッケージがあると警告だしてくれます。
ice_screenshot_20191105-235225ice_screenshot_20191105-235314ice_screenshot_20191105-235347ice_screenshot_20191105-235517ice_screenshot_20191105-235532ice_screenshot_20191105-235555ice_screenshot_20191105-235604
次はGitHub Workflow。ビルドやジョブなどYAMLで記述してCI/CDできます。CDの中でデプロイに必要なAKSへの資格情報など入力させるように定義したりとかかな。
ice_screenshot_20191105-235712ice_screenshot_20191105-235737ice_screenshot_20191105-235834ice_screenshot_20191105-235858ice_screenshot_20191105-235949ice_screenshot_20191106-000004ice_screenshot_20191106-000016ice_screenshot_20191106-000059

次はAI関連。フレンズはSeth氏ですね。ここではじゃんけんの予測かな。デモの流れからして。これまでの勝敗ログを基に予測モデルを作っていくデモですね。あとそれぞれの手の画像を取得して識別も。Custom Visionでやってます。学習させたモデルはTensorFlow形式でJavaScriptで使えるようにエクスポート。ということでこれまでのデモに組み込むとカメラからじゃんけんの手を識別して予測モデルと対決ができるようになりました。
ice_screenshot_20191106-000248ice_screenshot_20191106-000309ice_screenshot_20191106-000400ice_screenshot_20191106-000428ice_screenshot_20191106-000448ice_screenshot_20191106-000530ice_screenshot_20191106-000539ice_screenshot_20191106-000539ice_screenshot_20191106-000623ice_screenshot_20191106-000615ice_screenshot_20191106-000650ice_screenshot_20191106-000719ice_screenshot_20191106-000734ice_screenshot_20191106-000813ice_screenshot_20191106-000828ice_screenshot_20191106-000928ice_screenshot_20191106-000938ice_screenshot_20191106-001045

最後はデバイス関連。今日はIoTですね。Kickstarterなマイクロコントローラー上で.NET Standardが。じゃんけんするアプリをこのマイクロコントローラー上で動かせます。
ice_screenshot_20191106-001128ice_screenshot_20191106-001146ice_screenshot_20191106-001220ice_screenshot_20191106-001244ice_screenshot_20191106-001258ice_screenshot_20191106-001329ice_screenshot_20191106-001357ice_screenshot_20191106-001454

なんか面白そうなセンサーですね。
ice_screenshot_20191106-001526

というわけでまとめ。
みんなおいでよ http://azure.com/developer
あと今日のデモはオープンソースに。http://aka.ms/rpsls

最後に今日でてくれたフレンズの紹介。
ice_screenshot_20191106-001645ice_screenshot_20191106-001648ice_screenshot_20191106-001707

やはりデモが主軸でストーリーが出来てるので理解しやすいですね。どの言語でも環境でも開発できるのが強みになってるので興味がある人は是非サンプルを見たり実行してみたりしましょう。

という感じで2日目キーノートでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中