Visual Studio 2022 Preview 1

もう夏至だし初夏といっても過言ではないということでVisual Studio 2022 Preview 1がでました。突然でしたね。

image

Visual Studio初の64ビット版です。またPreview版なのでこれまでのPreview版と同じようにリリース版と別チャンネルでいっしょにインストールして共存させることができます。(※Visual Studio 2022 Preview 1は .NET 6 Preview 5含んでるので注意)

image

Preview 1の主目的はVisual Studioそのものの64ビット化です。Visual Studio 2019で動作してた一部機能などはPreview 1には含まれません。まだまだ作業中という感じですね。細かい話はリリースノート(Visual Studio 2022 Preview Release Notes | Microsoft Docs)をどうぞ。
なおPreview 1はGo-Liveじゃないので注意しましょう。

Visual Studio for Macについては今準備中らしいです。こちらも楽しみですね。※ 64ビットになったけどベースがまだ .NET Framework v4なのでWindows以外での動作や統合はまだまだ先の話。。。
image
でもロードされてるアセンブリはx64ですね。インストールパスもProgram Files (x86) じゃないのでなんだか感慨深い。

Preview Features

いくつかの機能はOpt-inな感じで有効化してあげる必要があります。
image

機能面だとすぐに違いがわかるのはIntelliCodeとかですかね? とりあえず何かキー推したりすると推測して出してくるぐらいの印象。
image
WriteLineしたら次はReadLineするよな?とか SizeX プロパティ追加したら次はSizeYだよな?とか。

分かりやすいのだと新しいDarkテーマとか、Iconとかでしょうか。(IconはUIなどに使われるIconが新しいVS Servicesのになってます)

プロジェクトのプロパティページも新しいUIのに更新できるようす。
image

パフォーマンス優先とかも興味深いですね。
image

拡張機能について

Visual Studio 2022 Preview 1から64ビットになったので、拡張機能もそちらにあわせていろいろアップデートしてあげる必要があります。(最低限マニフェストあたりはちゃんとしないといけない)

少なくともVisual Studio 2022をターゲットにしたマニフェストをビルドするには NuGet Gallery | Microsoft.VSSDK.BuildTools 17.0.1619-preview1 が必要になるのとUIが対応してないのでXMLファイル直接編集する必要があります。

もし拡張機能のビルドをx86で行ってた場合はAnyかx64版にする必要があります。まぁ細かいのはドキュメントを見てもらうとして。vsixmanifestはこんな感じでアーキテクチャを明記します(x86 か amd64)

<Installation>
    <InstallationTarget Id=”Microsoft.VisualStudio.Community” Version=”[15.0,17.0)”>
       <ProductArchitecture>x86</ProductArchitecture>
    </InstallationTarget>
    <InstallationTarget Id=”Microsoft.VisualStudio.Community” Version=”[17.0,18.0)”>
       <ProductArchitecture>amd64</ProductArchitecture>
    </InstallationTarget>
</Installation>

ProductArchitecture要素が古いVSSDK BuildToolsだと対応してない感じです。あとはサポートバージョンをちゃんと17.0含めるようにするとかですね。上記の場合、2017~2019はx86で、2022はamd64でサポートするという感じです。

という感じであれこれ頑張れば両バージョン対応のパッケージが作れます。
画像

ClaudiaIDE もVisual Studio 2022対応したのでよかったらどうぞ。もともとVisual Studio 2012あたりから作り始めていまだにPackage.Config使ってたり酷かったのでだいぶ泣きながら綺麗にしました。。あとVisual Studio 2017サポートも入れようとしたけどこのあたりの依存関係がどうしても解決できなくてあきらめ。。。VSSDKとかをv15用にするとアセンブリが無いとか言われてしまう。。

おまけ

Blendもありますよ。
image

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中